極太モチモチ麺とぷりぷり鴨肉が大人気!神宮前(原宿)の行列そば屋「BASO」へ行ってきました

BASO(ばーそー)

昨年、神宮前にオープンしたつけ蕎麦屋さん「BASO(ばーそー)」。人気ラーメン店「駄目な隣人」がプロデュースしたお店ということで、オープン当初よりSNSで話題沸騰。多くのグルメインフルエンサーが絶賛していたので、筆者も昨年夏頃に足を運んでみましたが、店前に20人以上の大行列ができており断念してしまいました……。

とはいえ、オープンから一年以上が経過したので、さすがにもう混雑は収まっているはず!
そう信じて、BASOリベンジを決意しました。

最寄り駅&一番近い出口は?現金以外でも支払える?

お店は、明治神宮前駅7番出口より徒歩5~6分ほどの場所にあります。少しわかりづらいところにあるので、迷わないように注意してください。

BASO (ばーそー)

平日の11時40分(ほぼオープン直後)に向かうと、運よく店前の待ちはゼロ! ようやく、念願のBASOに入店することができました。食券式ですが交通系ICも使えるので、現金を持ち歩かない人にも優しいシステムです。

BASO (ばーそー)

「どれにしようかな……」と悩んでいるうちに、後ろにどんどん人が並んでいきます。慌てて「BASOオススメ商品」と書かれたメニューをぽちり。ほかの方の迷惑にならないよう、注文するメニューは食券機に並ぶより前に決めておいたほうがよいでしょう。(本当にすみませんでした)

店内はおしゃれな雰囲気!豊富な薬味で味変も◎

BASO (ばーそー)店内はおしゃれな雰囲気!豊富な薬味で味変も◎

店内は和モダンの落ち着いた雰囲気。店員さんから番号札を渡され、二階のイートインスペースに上がります。まだ12時前なのにも関わらず、店内はほぼ満席。SNSで話題のお店ということもあってか、若い女性のお客さんが多い印象です。

BASO (ばーそー)豊富な薬味

テーブルの上には薬味がずらりと並んでいます。天かす、ニラと唐辛子のオリジナルスパイス、九条ねぎ、わかめ、奥には海苔もありました。これだけ薬味が揃っていたら、麺を大盛りにしても飽きないですね!

低温調理の鴨が8枚乗った贅沢な逸品

BASO (ばーそー)低温調理の鴨が8枚乗った贅沢な逸品

待つこと数分で「塩鴨のつけSOBA肉増し&卵天ぷら飯」が着丼しました。見るからにボリューム満点なセットです。

BASO (ばーそー)塩鴨のつけSOBA肉増し&卵天ぷら飯

低温調理でしっとり仕上げた鴨が、贅沢に8枚乗っています。麺はうどんのような極太さで、とっても食べ応えがありそう。そば粉本来の香り、のどごし、食感を最大限に引き出すため、その日の気温や湿度により、麺の製法は日々変化させているのだとか。

BASO (ばーそー)出汁は、瀬戸内産鯖節・鰯煮干し・鰹節・宗田鰹節・ムロアジ節の5種類の煮干しと、日本橋の出汁、本醸造濃口醤油をブレンド

出汁は、瀬戸内産鯖節・鰯煮干し・鰹節・宗田鰹節・ムロアジ節の5種類の煮干しと、日本橋の出汁、本醸造濃口醤油をブレンド。仕上げに、煮干し鶏油を加えているとのこと。優しい香りが鼻腔をくすぐります。ニラと唐辛子の薬味をたっぷり入れて、いただきます!

モチモチ麺とつけ汁が相性抜群

BASO (ばーそー)モチモチ麺とつけ汁が相性抜群

極太麺を箸で豪快に掴み、つけ汁の中にダイブ。周りの目は気にせず、ずるずると勢いよくすすります。モチモチでコシのある麺と、温かい濃いめのつけ汁は相性抜群。普通盛りでも結構量が多いので、薬味で味変しながら食べるのがおすすめです!

BASO (ばーそー)塩鴨

塩鴨はぷりぷりで、一つひとつのサイズも大きいので、鴨肉の味わいを存分に楽しむことができます。一枚目はそのまま、二枚目は器に添えられたピリ辛調味料をつけて、三枚目はつけ汁に浸しながら、四枚目は麺と一緒に……と、楽しみ方は無限大。

サクッ、トロッ!な卵天ぷら丼に感動

BASO (ばーそー)サクッ、トロッ!な卵天ぷら丼に感動

こちらの卵天ぷら飯は、単品だと350円という激安価格。にもかかわらず、ボリュームもクオリティもばっちりの小丼なのです。サクサクの天ぷらに箸を入れると、中からトロッと半熟卵があふれ出します。卵天ぷらをごはんと一緒に頬張ると、サクサクモチモチの衣、濃厚な卵、あまじょっぱいタレとのハーモニーに悶絶。これは絶対にお蕎麦とセットで食べてもらいたい逸品です。

BASO (ばーそー)サクッ、トロッ!な卵天ぷら丼に感動

セットをぺろりとたいらげて12時半頃にお店を出ると、外にはすでに長蛇の列が。まだまだBASOの人気は衰えていないようです。本当に病みつきになる味わいなので、リピーターも多いのでしょう。混雑を避けたい人は、筆者と同じように平日のオープン直後を狙ってみるといいかもしれません。

BASO (ばーそー)

BASO(ばーそー)の店舗情報

●住所
東京都渋谷区神宮前6-11-7
●電話番号
090-4410-5817
●営業時間
平日11:30〜21:00(Lo20:30)
土日祝11:00〜21:00(Lo20:30)
●定休日
不定休
●公式ホームページ
https://baso-omotesando.com
●公式インスタグラム
https://www.instagram.com/baso_omotesando

ABOUT US
渡辺 ありさ
ライター/タレント/メディアプロモーター/カメラマン/漫画原作者 株式会社CCPR(サイバーエージェントグループ)を経て独立。ミス東スポ2022グランプリ受賞。集英社グランドジャンプめちゃにて漫画「スワイプ」連載中(作画:東西先生)